花粉対策で肌荒れを改善!~花粉を意識したスキンケア~

これから迎える春は、とてもいい季節ではありますが、肌荒れを自覚する方が多い時期でもあります。
肌に赤みが出たり、かさつきや痒みなど・・・。

花粉症の時期と肌荒れを自覚する時期が重なっているというのは必然な事のようです。また、眼の痒みや鼻水など、一般的な花粉症の症状が出ない方でも、花粉対策をすることで肌荒れが大きく改善できる可能性があります。
まずは、花粉を意識したスキンケアの対策をご紹介いたします。

クレンジングと洗顔を徹底しましょう!!

すごく当たり前のことですが、浮遊する花粉や大気汚染物質はクレンジングと洗顔でちゃんと洗い流すことが大切です。
メイクなどの化粧品は油分を含んでおり、皮膚から分泌される皮脂と合わさって、花粉や汚れなども付着しやすくなります。
これらは、クレンジングと洗顔の徹底で、すばやく落としましょう。

クレンジングなどのスキンケアは、刺激の少ないノンオイルタイプを推奨します!!

洗浄力の強いオイルクレンジングは刺激が強いので、比較的肌にやさしいミルクタイプやジェルタイプの方がおすすめです。また、摩擦刺激の強いシートタイプもデリケートになった肌を傷つけやすいので、使用を避けた方が無難です。
*注:オイルクレンジングなどの製品を誹謗中傷するものではありません。
なお、洗顔の際にはしっかりと泡立て、泡で肌をなぞる様に洗いましょう。

最後はやっぱり保湿が第一です!!

肌のバリア機能を正常に戻すためには、しっかりと保湿を整えることが大切です。
これも当たり前なのですが、何よりも重要なスキンケアの基本です!

そこで、スキンケアアイテムの選択基準としては・・・

・保湿効果が高いもの
化粧水の多くは保湿効果をうたっていますが、瞬間的な水分補給ではなく、保湿の持続性も考慮されているものを選んでください。
・炎症を抑えるもの
刺激を受けて荒れてしまったお肌を修復することが期待できるもの。
・肌のバリア機能を高めるもの
保湿し炎症を抑えても、あいかわらず外部の刺激を受けていては何にもなりません。
肌を保護してこれ以上の刺激を受けないために、バリア機能を高めること必要です。

春にお騒がせな花粉はミズカラで、とっても簡単にしかも徹底に対策できますよ。
ミズカラは、真の保湿を徹底的に追求したオールインワンタイプのスキンケア美容液!


β-グルカンというヒアルロン酸の2倍以上ともいわれる保湿成分が主成分です。被膜を張る成分特性があり、外部の刺激から肌を守り、乾燥で敏感になっている肌の保護と保湿の両方を兼ね備えています。

②国産の馬から得た純度の高い高品質の馬油を使用。人の皮脂に構成が類似しており、角質層になじみやすく、エモリエント(皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせる)効果に優れています。

③肌荒れを防ぐ天然2大成分配合 ・・・ 肌をすこやかに保ちます
◎グリチルリチン酸2K(消炎剤である甘草成分) ◎ヒノキチオール(天然ヒノキチオール配合)


↓↓↓ミズカラについて詳しくはこちら↓↓↓

ミズカラ

関連記事

  1. 顔のたるみ。その原因と対策

  2. ウナギ

    鰻を美味しくふわふわに食べる方法

  3. 秋こそ紫外線にご用心!

  4. 新し物好きの脳を活性させましょう!!

  5. 善玉菌が多い方がよい理由

  6. 「角質層」ってなあに?

  7. 驚異の乳酸菌・ラブレ菌について

  8. 「うっかり日焼け」とヒノキチオール