寒い季節のお顔洗いはお気をつけあれ!!

毎年寒くなったら必ずアテンションしていることがあります。それは、洗顔方法です。冬場に冷水でお顔を洗う方は意外と多くいらっしゃいますが、毛穴が引き締まった感じがするとの理由が最も多いようです。しかし、これは逆に肌に負担をかけている場合が多いのです。一時的に引き締まったとしても、毛穴自体が小さくなったりすることは無いのだとか・・・。むしろ、お肌のトラブルにつながる可能性も否定できません。

つまり、付着した汚れや化粧品を落とすために洗顔を行っているのですが、逆にそれらを毛穴の中に閉じ込めてしまうことになり兼ねないのです。また、毛穴がきちんと開いていないと、せっかくのスキンケア化粧品の有用成分が浸透しにくくなります。

しかし、熱すぎるお湯での洗顔も、汚れを落としやすくするという点は良いのですが、必要以上に皮脂(油分)や水分を奪ってしまう事につながります。とくに乾燥肌の方は、大切な皮膚の油分が奪われ、乾燥、シワ、粉吹きの原因になるので要注意です。

やはり、熱くもなく冷たくもない、気持ち良いと感じるぬるま湯での洗顔がおすすめです。
具体的な温度であれば、30度前後のお湯が洗顔料(洗顔石鹸など)も泡立がよくなり、汚れも落ちやすくなります。

洗顔での基本的なポイント

洗顔料(洗顔石鹸など)はしっかり泡を立て、顔の上をころがすように使用する

30度前後のぬるま湯で洗い、汚れをしっかり落とす

*冷たすぎると汚れや不要な皮脂(油分)が落とせず、熱すぎると皮脂を奪いすぎて乾燥につながります。肌にとって調度よい温度で、肌に優しい洗顔を意識しましょう。

洗顔後は、しっかり保湿をする

*洗顔後はミズカラを塗布して、しっかり保湿を整えましょう。
肌の水分量が多くなると、皮脂の分泌が抑えられ、毛穴が目立ちにくくなります。

もちろん、外面だけのスキンケア美容だけでは、肌の悩みは簡単には改善されません。
栄養がかたよった食事や日常のストレスなども原因になります。

まずは、普段のちょっとした洗顔を見直すことが、美肌への一歩(近道)です。
そして、春夏秋冬、ミズカラで徹底保湿!! 常識ですね。

関連記事

  1. 驚異の乳酸菌・ラブレ菌について

  2. インフルエンザ対策には腸活による免疫力アップが大切です!!

  3. 冬の腸活ポイントはやっぱり「食」!

  4. ウナギ

    鰻を美味しくふわふわに食べる方法

  5. 秋口の寒暖の差はお肌の大敵!?

  6. 善玉菌が多い方がよい理由

  7. 春から初夏の肌トラブル対策

  8. 冬場の乾燥対策に「ミズカラマッサージ」がおすすめです!!