野菜

紫外線対策とビタミン

紫外線対策には定番ですがビタミンがよく効くといわれています。

とくにビタミンエース(A,C,E)と呼ばれるビタミン類は日ごろからバランスよく摂取していたいものです。

ビタミンC

シミやソバカスの原因になるメラニン色素の生成を抑えコラーゲンやエラスチンを生成し促進する働きがあるので肌にハリがでます。
【レモン・いちご・赤ピーマン・じゃがいも・カリフラワー 等】

ビタミンE

肌の老化の原因である活性酸素による酸化を食い止める抗酸化作用をもっています。
【アーモンド・玄米・うなぎ・たらこ・さんま 等】

ビタミンA

抗酸化作用とともに、コラーゲンの生成を促進してくれる働きがあります。
【にんじん・かぼちゃ・小松菜・ほうれん草 等】

ところで、美容の神様は良くしたもので、夏野菜にはビタミンエース(A,C,E)を多く含む野菜が多いんです。たとえば、キュウリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラ、トウモロコシ、ニラ、カボチャ、ズッキーニなどです。

野菜

この中でズッキーニは、ビタミンCを含み、肌荒れなどに効果があります。他にも多く含まれるカリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、むくみの改善に効果があります。

今回は、美容とダイエットにぴったりのズッキーニレシピをご紹介いたします。テレビでもご紹介して大好評でした。ご参考までに・・・!!☆☆☆

ズッキーニのボンゴレ

関連記事

  1. 善玉菌が多い方がよい理由

  2. 「角質層」ってなあに?

  3. 冬場の乾燥対策に「ミズカラマッサージ」がおすすめです!!

  4. 顔のたるみ。その原因と対策

  5. うっかり日焼けのアフターケアは体の内側から

  6. 冬の腸活ポイントはやっぱり「食」!

  7. トマトで腸元気な美人に

  8. 麹菌と納豆菌の相乗効果