ニラの栄養と効能

ニラは100gで21kalと低カロリーで多くの栄養が含まれています。

ニラの臭いのもとがアリシン(硫化アリルの一種)という物質ですが、これはビタミンBの吸収を助け疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。
また、アリシンは「免疫力をアップ」し、さらに「血行促進」により、冷え性、動脈硬化、血栓の予防に効果的とされています。

また、ニラには沢山のβ-カロテンが含まれ「抗発がん作用」、「免疫賦活作用」などの抗酸化が知られています。また、体内でビタミンAに変わるので髪の健康、目の視力維持、皮膚や粘膜の健康維持になります。
葉酸も豊富で胎児の成長には不可欠です。妊婦・妊娠中に女性は意識して多く摂取しなければならないと言われています。

この夏は猛暑で、汗とともにカリウムや塩分、ミネラルが体から失われています。
このカリウムは体内の塩分濃度調節やむくみを抑える効果があり高血圧予防になります。
全体的にニラはアンチエイジングをもたらす食材です。

9月の「発酵食」腸育料理教室はニラを使って麹を発酵させます。

教室では、これを飲む点滴と言われるくらいにアミノ酸が豊富で酵素をたくさん含む「麹」とカプサイシンの「青唐辛子」が体内の血行促進し、体内の血行とともにこれらの栄養を巡らせてくれます。
美味しく食べながら疲労回復を図りたいですね♪

関連記事

  1. 麹菌と納豆菌の相乗効果

  2. アンチエイジングの為にパプリカはいかが

  3. トマトで腸元気な美人に

  4. 夏のケア不足がお顔のたるみの原因に…!?

  5. 夏の終わりの「夏バテ腸」

  6. 柑橘類

    朝の柑橘はシミに!?

  7. 秋こそ紫外線にご用心!

  8. うっかり日焼けのアフターケアは体の内側から