秋こそ紫外線にご用心!

夏はカンペキに紫外線対策をしていた人も、秋になると気が緩んでしまいがち。
だけど、9月・10月でも真夏の70%に相当する紫外線が降り注いでいるというから油断は禁物!
秋は外出する機会が増える行楽シーズン。
うっかり紫外線を浴びてしまったら、ミズカラを使った保湿ケアやUVケアなどの外面美容はもちろん、内面美容として食事からしっかり栄養を摂ることも重要なポイントです。
では、どんな食べ物が効果的かと言うと…

「抗酸化パワー」でメラニンを作らせない!

トマトのリコピンはビタミンEの数百倍の抗酸化作用があると言われています。
また、エビ、鮭、カニなどに含まれるアスタキサンチンという成分も、強い抗酸化作用があることで知られています。

鮭

「ビタミン」や「ミネラル」で美肌アップ!

シミやそばかすを予防する働きのある成分ではビタミンCが有名ですが、ナスにはビタミンC以外にも美肌に良いビタミンA、ビタミンB1・B2が多く含まれています。
ビタミンA、Eはかぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれています。

ナス

旬の野菜や果物とミズカラで、内面と外面からのダブルスキンケア。秋も美肌で楽しく過ごしましょう☆

「肌本来が持っている機能を取り戻す」というコンセプトのもと開発された、深層保湿型の美容液ジェル「ミズカラ」

関連記事

  1. 冬の腸活ポイントはやっぱり「食」!

  2. 秋口の寒暖の差はお肌の大敵!?

  3. ニラの栄養と効能

  4. 麹菌と納豆菌の相乗効果

  5. 野菜

    紫外線対策とビタミン

  6. 驚異の乳酸菌・ラブレ菌について

  7. インフルエンザ対策には腸活による免疫力アップが大切です!!

  8. 寒い季節のお顔洗いはお気をつけあれ!!