「角質層」ってなあに?

皮膚は「表皮+真皮」から成り立っています。厚さは2㎜。

真皮

真皮は弾力を司(つかさど)っていわば、ベッドのスプリングの役目をしています。このスプリングがコラーゲン、スプリングとスプリングを縛っているのがエラスチン。その間の綿みたいな役目がムコ多糖体。よく知られているのがヒアルロン酸です。

表皮

表皮の厚さは約0.02㎜。
肌の細胞を作ったり、内臓を守るためにメラニン色素を作ったり、外敵をキャッチして、それが何者かを調べて適材適所の免疫細胞に情報を渡す細胞(皮膚のかぶれを引き起こしたりします)がある部分です。

実はこの表皮の1番上にある「角質層」がミソなのです。

角質が人間で1番大きな臓器です。役目は体内に入ってくる外界から物を防いだり、体内の水分蒸発を守ってくれたりと防御態勢が主なのです。
それから、乾燥などで乾燥すると老化が進みます。
角質はターンオーバーが遅かったり、加齢にて角質が厚くなると、まるで真夏の暑い日に絞って乾かした雑巾みたいに、肌がゴワゴワ硬くシワになり、透明感もなくくすんだ肌になってしまいます。また、ピーリングや剥(は)ぐパックのし過ぎは、ターンオーバーも激しくなり、細胞間脂質が出来ないまま垢となってしまいます。すると細胞間脂質(セラミド)が出来ないままなので、皮膚内部は水分蒸発するばかりで、皮膚はめくり上がり、外部からの侵入もあったりして乾燥肌、敏感肌、肌荒れ、アレルギーなどの原因になったりします。

まとめ

美肌の秘訣は…

  • 何よりもまず「保湿」。そして、水分を逃がさないようにする。
  • 正常な角質層のターンオーバーを行い、細胞間脂質(セラミド)を育てる。
  • 肌の鎮静や消炎を安全な方法で対処する。

ぜひMIZUKARAを有効に使ってくださいね。

mizukara
MIZUKARAはこれ一本で透明な美肌感とプルプルのうるおいが一日中持続します。
「新しく生まれ変わる肌本来の能力」を高めることを追求して、各種の天然系成分を配合。高品質で贅沢な仕様を意識しました。理想のアンチエイジングを徹底追及したスキンケア化粧品です。

詳しくはこちら

関連記事

  1. 「うっかり日焼け」とヒノキチオール

  2. 日本人には特有の腸内細菌があるらしい

  3. 驚異の乳酸菌・ラブレ菌について

  4. 汗と美肌のデリケートな関係

  5. 冬の腸活ポイントはやっぱり「食」!

  6. 冬場の乾燥対策に「ミズカラマッサージ」がおすすめです!!

  7. 花粉対策で肌荒れを改善!~花粉を意識したスキンケア~

  8. 春から初夏の肌トラブル対策