抗糖化*おからグラタン

抗糖化*おからグラタン

材料

鶏肉(ミンチ)・・・100g
おから・・・・・・・150g
長ネギ・・・・・・・1本
ズッキーニ・・・・・1本
バター・・・・・・・15g
牛乳(豆乳)・・・・200㏄
鶏がらコンソメ・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・少々
オリーブ油・・・・・大さじ1
溶けるチーズ・・・・60g

作り方

①鶏肉は皮を除き、フードプロセッサーでミンチにしておきます。
または鶏ミンチを使います。
②長ネギは斜めに長く薄く切り、ズッキーニは1本を3cmの千切りにしておきます。
③ ④のフライパンにバターを入れフツフツしてきたら、鶏ミンチを入れほぐしながら炒め、更に長ネギとズッキーニを入れて炒め、おからを入れて炒めていきます。
④おからがほぐれてきたら、鶏がらコンソメと牛乳(豆乳)50㏄を入れて2分位炒め、そこへ再度牛乳(豆乳)150㏄を継ぎ足し、味を見て塩を足して、更にしっとりとするように炒めていきます。
⑤耐熱の器に を入れ、上に溶けるチーズを乗せてオーブントースターに入れ、220℃8分程度でチーズが溶けて焦げ目が付いたら完成です。

「糖化」って?

糖化とは、体内のたんぱく質などと食事でとりこまれた糖が結合すると起こる現象で、糖化が起こると体内でAGEs(エジーイーズ)と呼ばれる物質が作られます。これは、肌のシワ、シミ、たるみなどの老化現象の原因ともなっている要因のひとつだと言われています。
毎日の食事を見直して、糖化をふせぎ、AGEsが作られるのを防ぐ事でシミ、シワ、たるみなどの肌の老化、体内の老化、血管の老化を予防し、アンチエイジング効果を発揮したいものです。

関連記事

  1. 納豆嫌いでもぱくぱく食べちゃう♪納豆麹

  2. ゴーヤ

    ゴーヤのハチミツ漬け

  3. セロリの塩炒め

  4. 夏野菜丼

    残暑バテ知らずの夏野菜丼

  5. 大根甘湯

    大根甘湯

  6. ズッキーニのボンゴレ

    ズッキーニのボンゴレ

  7. 豚の角煮

    塩ヨーグルトで柔らか!豚の角煮

  8. ウナギ

    鰻を美味しくふわふわに食べる方法