秋口の寒暖の差はお肌の大敵!?

秋の訪れを皆さんはどのようにとらえていらっしゃるでしょうか?
昔から、食欲の秋、行楽の秋などといい、少し肌寒いですが、ロマンチックでとっても素敵な季節であるのは間違いありません。
でも、夏にたっぷり紫外線のダメージを受けたお肌にとっては、アフターケアがとても大切な要注意の季節です。

当然場所にもよりますが、一般的に秋口は寒暖の差があり、お肌もその変化に対応するのが大変です。温度変化は、お肌にとってストレスとなり、とてもデリケートになりやすいのが実態です。

まずは、お肌の機能にとって重要なバリア機能が壊れやすくなり、肌荒れしやすくなります。
通常は問題なく使っている化粧品が合わなくなったり(ヒリヒリしたり等)、乾燥しやすくなったり、吹き出物ができやすくなるなど、肌トラブルの原因になります。

気温が下がると、それに伴い皮脂分泌も減ります。当然、空気は急激に乾燥していきますから、皮脂分泌の低下と乾燥によって、お肌はとっても乾燥しやすくなります。

つまり・・・

  • バリア機能が弱まる
  • 水分量が低下している
  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れる
  • 常に乾燥している

ということになります。

お肌の乾燥を放置しておくと…

肌細胞のひとつ一つがめくれ上がります。

すると・・・

そこから、ウイルスや菌類も混入し易くなり外気が肌の水分を奪ってしまいます。

また、肌内層部からの水分は蒸発する一方。
しかも、もっと怖いのは肌内部の乾燥が進むと、肌内部の機能も低下して、ついには・・・
シミ、シワ、たるみ、ニキビ、湿疹など最悪の結果に!

しかも、乾燥は肌内部の水分を奪い、繊維も硬くなります。

それが肌の老化です。

だから、肌細胞がめくり上がらないようにして、水分保持がしっかりできるようにすることが重要です。

水分保持は美肌作りの基本!

バリア機能を高めるには、やっぱりまずは保湿です。
でも、ただ漠然と水分を補うだけではいけません。その水分をしっかりとキープすることが大切です。

ミズカラは、お肌に塗った直後に「潤いの被膜」を作ります。そして、いろんな潤い成分との相乗効果で、「潤う」のではなく「潤い続ける」環境を作るよう心掛けています。

お出かけの時は普段より多めのミズカラを塗布して、心身共に充実した秋を楽しんでいただきたいと思います。

深層保湿型の美容液ジェル ミズカラ

関連記事

  1. 「角質層」ってなあに?

  2. 野菜

    紫外線対策とビタミン

  3. 秋こそ紫外線にご用心!

  4. 腸のちょうっと面白い話。。

  5. 驚異の乳酸菌・ラブレ菌について

  6. 「うっかり日焼け」とヒノキチオール

  7. 善玉菌が多い方がよい理由

  8. ウナギ

    鰻を美味しくふわふわに食べる方法